CHESSサンのますます毎日HAPPY!?

香川県高松市郊外で、アメリカものをあつかっているショップです。
なんでもないことにお付き合いください。
通販OK!お問合せは電話・FAX・メールでお気軽にどうぞ♪
769-0103香川県高松市国分寺町福家甲2797-1
TEL&FAX 087−875−1386
info@chesssun.com

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あったまろ♪ | TOP | どうもカンバンワ! >>

2018.01.13 Saturday

チーン!終了のゴングは鳴らせない♪

2018年も次々と明らかになる不祥事が
世間を騒がせておりますが、、

大なり小なり
誰にでも失敗は付き物。

ささいな過ちで
今まで大事に育ててきた関係が
一晩でサビついてしまったとしても
錆を落とせば、また輝けるはず!

また慣らし運転から
始めれば良いじゃない〜♪


と言うわけで今日は
今世紀最大のお客様の不祥事と
愛用のスキレット修復のご紹介です(^^)



昨年(のいつ頃か)
数年前にご購入いただいた
ロッジのスクエアスキレット
CHESSに救急搬送されてきました。

それは目を覆うほどの重症患者サン雷

アウトドアで使った後
新聞紙に包んだ状態で屋外放置。

すると、そこに運悪く雨が降って
一晩中雨ざらし、、、



翌朝、新聞シュラフを開けると
このような見るも無残な姿に
なっていたらしいです(;一_一)

女好き大好きな方のセクハラ疑惑よりも
鉄スキ大スキな方には、ガーーーンハート
な状態ですが、ご安心ください!

復帰の道は閉ざされてませんからー!!



まずは、サビ落とし。

部分的な軽いサビならクレンザーや
ステン性の金タワシで対応出来ると思うのですが
今回は、強烈な赤サビが全身を覆っているので
鉄製(スチールウール)を使いました。



全ての膿を出し切るべく
錆を削り落とします!



だいたい出し切ったかな〜。



黒い幕が剥がれ、深層が露出。



新品のシーズニング済と比べると
こんな感じ。

これまで積み重ねてきた歴史とも言える
コーティングも一緒に剥がれてしまいましたが
マイナスからのスタートは覚悟の上です(一一")



次は、綺麗に洗って
いよいよシーズニング。

失われたコーティングを補う
慣らし作業です。



表面の水分拭き取るだけでなく
微小孔の水分まで完全に乾かすために
加熱して乾燥。

今回は小型スキレットなので
お任せ楽チーンな
オーブントースターを使ってみました(^^)



鋳鉄製のスキレットの芯まで
しっかり乾けば良いだけなので
温度と時間は大体。。。かな(^^ゞ

ちなみに今回は
トーストが焦げ付くぐらいしてみました(笑)



チーン!っと鳴って
しっかり乾いてるのを確認したら
スキレットが温かいうちに
食用油やショートニングを塗るだけ〜。



持ち手ハンドル。



裏側も忘れずに(一一‼



更に、もう一回チーンして
ハイこの通り♪



新品のシーズニング済みと比較しても
もうほとんど遜色ないでしょ(^^♪



誇り高きLODGEのロゴよりも
こびりついた新聞紙の活字が気になった
裏側も綺麗になりました(^^)v



もし、鉄臭さが気になる場合は
ニンニクやクズ野菜などを炒めて
匂い消しすれば良いですよ。

って事で、リハビリがてら
ニンニクやタマネギと
冷蔵庫の残り物を炒めてみる。



すると、やってるうちにお腹が空いて
なんとなくタマゴも投入してみたりして。

目指せ、ネバダのカウボーイ!

っと、趣旨がだんだん変わり
先日のインドアクッキング
発展していったわけです(^^ゞ



あとはタイミングよく来られたお客様と
入念に最終チェック(ー☆)‼



ご馳走様でした。
じゃなくって、、
お疲れ様でした〜(一人一)

ベーコンの脂のみで
ノー焦げ付き!

上々の仕上がりです(^^)



最後に、もう一度綺麗洗って乾かして
オイルを塗って作業完了ー☆

あの親方よりも寡黙な料理人が
見事復活しましたよ!(^^)!

これで近々予定しているらしい復帰戦キャンプで
心地良く使っていただけるはず♪

これからまたじっくり育てていけば
何も問題ありませんよ(^_^)

もし何かあれば
いつでもご相談に乗りますので
失敗を恐れずガンガン使ってやってくださーい。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://happy.chesssun.com/trackback/4050

トラックバック

▲top